あいびぃ保育園について

あいびぃ保育園は、福島から山形に避難している家族の生活を応援するため、

2012年9月に山形市にオープンした保育園です。

保育士として働いているのは、避難しているお母さんたち。

 

アメリカの医療支援団体「インターナショナル・メディカル・コープス」からの助成金をはじめ

全国・海外の皆様から認定NPO法人IVYの震災支援活動に寄せられたご寄付を元に

2015年3月31日まで運営を行っていきます。


私たちの保育に対する想い

山形へ避難して、たくさんの笑顔を取り戻しましたが、
食べ物のこと、日常生活のこと、まだまだ不安の尽きない生活が続いています。

経済・精神面の不安とストレス、放射能との先の見えない戦い・・・。

この一行にどれほどの悩みと不安が隠されているか、

実際に体験している私たちの胸の内は図りしれません。

 

しかし、目の前子どもたちは、日々たくましく成長してきます。

その子どもたちと働くお母さんのために、出来る限りのことをして、

少しでものびのびと生活できる環境があったらと願い立ち上げた保育園です。